私たちの趣旨と行動予定・報告

2018年度会計報告/19年度活動方針

9月13日 「伝えたい。知らせたい。放射能が私たちの暮らしを、命を、どう変えたのかを。それはコロナ禍につながること~脱被曝、反被曝、かけがえのない命のために~」

9月13日(日)12時45分開場、13時~15時
会場:国労会館3階中会議室 天満・扇町駅徒歩5分
地図:http://kokuro-kaikan.jp/06/04_guide.pdf
資料代:500円
主催:ゴーウエスト カムウエスト 3.11東北・関東 放射能からの避難者と仲間たち:https://www.gowest-comewest.net/
連絡先:080-4095-3319
ツイキャス生中継:https://twitcasting.tv/jg9u08w8wjtjt
※広い部屋で距離を空けられます。マスク着用、消毒などお願いします。

スタート発言
「コロナ禍と3.11被害」―下澤陽子さん(東京からの避難者、オンライン発言)
「繰り返された人命軽視の政治―早く東京五輪中止を」―園良太さん(東京からの避難者)
「ますます加速する福島の棄民状態」―福島からの避難者(予定)
「避難者の子ども世代10年目の思いと未来への課題」―事故直後に9歳で関東から名古屋へ避難した、現在大学1年生
その後、みんなで話し合いましょう

注:当初講演を予定していた渡辺悦司さん(『東京五輪がもたらす危険』編著者)は、諸般の事情で参加できなくなったため、内容を変更しました。よろしくお願いします。

<呼び掛け>
伝えたい、知らせたい。脱被ばく、反被ばく、でつながる仲間が発信をします。大切なものをなんとしても守るために、原発事故から避難をしてきた仲間たちです。国や、行政は、私たちの命や生活を大きく左右します。私たちの国には、大切なものがとてつもなく欠落してしまっている。原発事故に向き合った人たちは感じています。きっとこのコロナ禍においても、私たちは「守られる」事は無いのだろう、と。日本の新型コロナウィルスへの政策、それは保障なき自粛に始まりました。検査、医療、もっとも大切なところにはお金は使われず、物事は進まないのに、利権が入るとものすごい勢いで進む。

原発事故後は?避難、移住、保養、健康診断、汚染調査、人間を守るために本当に大切なところにはお金は決して使われず、物事は進まず、やはり利権とともに政策が進められてきました。命や健康、未来のそれへの脅威である原発事故後の内部被ばくから、私たちは未だかつて、守られたことがありません。それどころか、より広く多くの人が、長期にわたり、ちゃんと被ばくが続けられるよう、破滅的な政策が進行しています。避難指示の解除、支援の打ち切り、汚染土の再生利用、焼却、汚染水の放出。なぜそんなことが?て、それは、それによって利権が回っていくからです。儲かるんです。 以下、全文は:https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=2393129690992293&id=100008858552364&notif_id=1599385233316213&notif_t=feedback_reaction_generic&ref=notif

★定例行動★ 毎月第2土曜日、原発避難者・避難希望者・支援者の交流・相談・集会と街頭アピールへ(2020年10月から再開予定)

毎月第2土曜日13時~16時@国労会館(JR天満、地下鉄扇町駅)です。その後電車で隣の大阪駅へ移動し、梅田HEP5入口前(北側、阪急三番街側)で16時半~17時15分まで被ばくの危険を訴え避難政策を求めるアピール行動を行います。ぜひご参加下さい!(集会・デモを行う月など、変更の際はこちらでお知らせします。必ず参加前にご確認をお願いします)

私たちは「新たな3.11原発避難希望者への相談受付と支援」を始めました。東日本の住民が黙らされているために見えにくいが、事故5年目以降に爆発的に被害が増えたチェルノブイリと同じく、放射能の健康被害は確実に増加・深刻化しています。
詳細:放射能汚染健康被害
しかし新規希望者への支援は、官民ともに「皆無」だから、始めました。これはあまりにも問題です。

メール・電話・来所での相談受付。避難希望者への、下見や移住の交通費カンパ(1人1回1万円)。私たち避難者自身の経験から、これが必要だと思い進めています。そして相談やカンパ希望が増え、この1ヶ月で4人もの希望者が関西へ来ました。私たちは仕事の合間を縫って直接会って、下見や宿の手配を何度も手伝いました。他にも多くのメール相談がきています。見えてきた大まかな現状と対策は以下です。

:避難希望や被ばく問題について、東日本では①情報、②相談、③援助を求められる場が全くない。全国にも②と③がほぼ無い。だから子どもは一時的に保養に行けても、大人はどうしようもなくなり、親子ともボロボロになる。

:8年目の今の避難希望者は、重い健康被害とセット。重い被害が出た人から危険に気づき避難を希望する。心身を痛めてるので、避難後もまずは療養を必要とする。また、化学物質過敏症、電磁波過敏症なども発病したことで、関西でも住む地域や家を選ばざるを得ない人も多い。

:それゆえに、まず「自分のペースで/なるべく安く/長期滞在できる宿」が何よりも必要。理想は空き部屋、空き屋。そこに落ち着いてから、自分が住める場所の下見をしていく。

:住宅、仕事、生活保護、人間関係など、支援を得ながら自立していく。これは避難先の保養キャンプ、生活支援、行政交渉の経験がある団体や個人の協力が不可欠。これらのために、避難希望者と避難者、支援者とが効率よく出会える場が必要(これも無い)。


これら、放置されたままの巨大な問題を解決するために、私たちは毎月第2土曜日に「出会い交流できる場」を作ります。
ぜひご参加をお願いします。
※避難移住を希望する方々も参加ください。また下見・引越し交通費も1人1回1万円支援します(必ず事前に連絡を)。
※避難者もご参加ください。現状、悩み、展望を交流しましょう。

関連して以下、お願いです。

:東日本の人々への「避難移住呼びかけリーフレット」を読み、配って下さい。8つ折です。渾身の力作です。
表面裏面

:避難移住の交通費支援カンパをお願いします。
保養、移住先への下見、実際の引っ越しの際の交通費を1人1回上限1万円、お渡ししています。この1ヶ月で4名が活用しています。
利用者から「本当に助かった」と感想を頂いています。
https://www.gowest-comewest.net/20181219kanagawa-h

上記の避難移住支援を続けるためのカンパを皆様にお願いします。活動・広報費などにも使います。

  • ゆうちょ銀行 00990–8–211068 「ゴーウエスト」
  • 他の銀行から 店番号 099 当座預金 0211068 「ゴーウエスト」

:「避難移住支援を応援します」に参加してください。
また、放射能被害の事実や避難の必要性は、国のせいでタブー化され、「デマ、風評被害」「科学的根拠は?」などと懐疑の目にさらされています。原発賠償裁判原告、医師、学者、弁護士、議員などの方々に避難支援に賛同して頂くことで、懐疑を減らさせたいと思います。
「避難支援が必要だ」と思うそうした方々は、ぜひ「私も避難移住支援を応援します」と名前を連ねてください。メールでお名前と肩書きをお送りください。gowest@gowest-comewest.net

最後に。これらの膨大な労力とお金は、全て国と東電が行なうべきものです。それを要求し、残虐な帰還政策を希望の避難政策へ変えさせましょう。そこが問題の核心です。
私たちの国・東電への要求決議文:https://www.gowest-comewest.net/20180310demands

お読み頂き、ありがとうございました!
この酷い現状を、ともに変えていきましょう!

これまでのイベント