국제성명: 후쿠시마에서 도쿄까지 방사능오염은 지금도 위험해! 후쿠시마 원전사고 피난자들은 2020년 도쿄 올림픽 보이콧을 지지합니다.

우리는 후쿠시마 원전사고 피난자와 지원자로 구성된 단체 ‘Go West Come West!!!’ (고 웨스트 캄 웨스트)입니다. 우리는 피난자로서 한국을 비롯해 세계각국이 도쿄 올림픽을 보이콧하는 것을 지지하고 연대합니다. 아래에 일본정부가 숨기고 있는 방사능오염의 위험성을 전해 드립니다.

일본정부의 과소평가된 데이터에서조차 후쿠시마 제1 원전 사고로 히로시마에 투하된 원자력폭탄이 방출한 세슘137의 168배나 되는 양의 세슘137이 방출됐다는 것이 드러나고 있습니다. 히로시마에 쏟아진 방사성강하물 (‘죽음의 재’)의 약 168배입니다. 일본 수상인 아베 신조는 ‘(후쿠시마 사고로 인한) 건강에 관한 문제는 지금까지도 현재도 앞으로도 완전히 없다는 것은 확실히 말씀 드리고자 합니다’라고 선언했습니다. 이 주장은 히로시마 원자력폭탄의 ‘죽음의 재’로 인한 건강 피해는 없었다는 것이나 다름 없습니다. 완전히 근거가 없는 주장이며 분명히 거짓말입니다.

★후쿠시마 원전사고는 수습되지 않았습니다.
원전사고는 지금도 계속되고 있습니다. 매일 매일 지금 이 순간에도 고농도 방사성 물질이 원자로건물의 위쪽으로도 아래쪽으로도 계속 누출되고 있습니다. 공기, 물, 흙, 바다, 음식물 등 사람이 사는 기본이 되는 모든 것이 이 원전사고로 인한 방사능 때문에 지금도 계속 심각하게 오염되고 있습니다. 후쿠시마 뿐만 아니라 도쿄까지 포함한 동일본 전역이 오염되고 있어 체르노빌 사고의 기준으로 보아 피난이 필요한 지역이나 피난의 권리가 보장될 지역에 몇 천만 명이나 되는 주민들이 살고 있습니다. 그러나 일본정부는 사실을 전혀 전해 주지 않고 아무런 도움도 주지 않으며 주민들을 못 본체하고 있습니다.
최근에 후쿠시마의 부흥을 담당하던 중심 인물 4명이 잇달아 비교적 젊은 나이에 사망했습니다. 전 부흥청 장관, 전 부흥청 부장관, 전 환경성 정무관, 그리고 후쿠시마현 나미에마치 현직 정장입니다. 지금이야말로 우리는 진실을 직시할 필요가 있습니다.

★정부가 하고 있는 일―― 그것은 은폐입니다.
일본정부, 도쿄전력(TEPCO), 주류 언론들은 모든 권력을 행사하며 후쿠시마 원전사고의 진상을 은폐하려 하고 있습니다. 은폐의 목적은 사고의 책임을 지지 않기 위함이고, 막대한 건강피해에 대한 배상금을 지불하지 않기 위함입니다.
정부는 ‘방사선 관리구역’의 4배나 오염된 지역으로 원전사고 피난자들을 귀환시키고 있습니다. 원자로 시설 및 방사선 의료 시설 등에서는 3개월에 1.3밀리시버트(mSv) (5.2mSv/년) 또는 40, 000bq/m2를 초과할 우려가 있는 구역은 ‘방사선 관리구역’으로 지정되고 있습니다. 이 구역은 출입이 엄격히 제한되어 있습니다. 어린이들이 출입하는 것과 음식물을 먹거나 마시는 것은 금지되어 있습니다.
그러나 현재 일본정부는 ‘방사선 관리구역’ 지정 수준의 약 4배, 연간 20밀리시버트(20mSv/y)까지인 오염지역에 사람들이 귀환하여 거주하도록 독촉하고 있습니다.

★정부는 ‘후쿠시마는 안전하다’는 이미지 만들기를 위해서 2020년 도쿄 올림픽을 이용하려고 합니다.

그러나 도쿄 역시 위험합니다. 일본정부는 올림픽을 이용해서 진실을 은폐하려고 합니다. 정부는 고액의 자금을 써서 ‘방사능은 안전하다’는 안전신화를 국내외에서 선전하며, 후쿠시마는 이제 완전히 안전하다고 사람들을 속이고 있습니다. 정부는 올림픽 선수 및 방문객에게 후쿠시마산 식재료를 먹이려 하고 있습니다. 또 정부는 선수나 해외에서의 방문객들의 식사에 후쿠시마현산 식재료를 골고루 사용하는 계획을 수립하고 있습니다. (요미우리신문2018년7월24일자).
후쿠시마현 등 방사능오염도가 높은 지역의 경기장과 시설에서 몇 가지 경기를 실시하는 것도 예정하고 있습니다 (특히 야구와 소프트볼). 이런 것으로 선수들과 관객들이 공기중에 부유하는 불용성방사성입자를 흡입해 심각한 건강피해를 일으키게 되는 것이 우려됩니다. 도쿄 카츠시카구의 수돗물도 일본정부의 측정에 따라도 0.00481Bq/kg의 세슘 오염이 발견되었습니다 (2018년6월의 수도꼭지에서 나온 물로 측정함). 원자력규제청 사이트는
https://radioactivity.nsr.go .jp/ja/list/194/list-1.html
이것은 일반 가정(연간 수도 사용량을 30만 리터로 가정하면)에서는 연간에 1500Bq 정도의 오염을 당하는 수준입니다.

수영 경기장인 도쿄 '오다이바'바다의 저토(맡바닥의 흙)는 방사성 세슘으로 91Bq/kg 수준으로 오염되어 있습니다 (대장균 수준이나 수질 미흡은 물론이고.). (출전: 위와 같음)
오다이바 근처에는 저토 오염이 168Bq/kg이거나 189Bq/Kg인 곳도 있습니다. 게다가 이런 세슘은 '불용성' 방사성미립자 형태인 가능성이 높아 바닷물 중에 부유하고 있을 것으로 예상되어 폐 내에 흡착되면 장기간에 걸쳐 배출되지 않을 것입니다.
이 책에서 http://www.ryokufu.com/isbn978-4-8461-1914-0n.html 분석하고 있는 대로 불용성미립자는 NHK 프로그램에서도 70∼180배, 유럽방사선리스크위원회(ECRR)의 자료에 따른 우리의 계산으로는 외부피폭 및 칼륨40의 내부피폭의 몇 천배나 위험한 것입니다.
NHK:https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3986/
ECRR:http://www.jca.apc.org/mihama/ecrr/ecrr2010_chap6_9.pdf
(위와 같음)

★정부는 후쿠시마 사고로 인한 건강피해를 전부 부정하고 있습니다. 그러나 건강피해는 확대하고 있습니다.
후쿠시마현에 의하면 지금까지 어린이 인구 36만명 중에 209명이나 되는 어린이가 소아갑상선암이라는 진단을 받았습니다. 보통 방사능의 영향이 없을 경우 소아갑상선암의 발증률은 지극히 드물어 연간에 약 100만 명에 1명 꼴입니다. 그러나 정부는 방사능과의 관련성을 부정하고 있습니다. 방사능에 의한 피폭 (특히 내부피폭)은 암이나 백혈병 뿐만 아니라, 혈관, 심근, 뇌신경세포 등 다양한 형태로 인간의 주요한 장기 세포를 회사시키거나 세포의 손상을 일으킵니다.
후쿠시마 원전사고 이후, 심근경색, 심부전, 돌연사, 뇌졸중, 알츠하이머병의 급격한 증가가 보고되고 있습니다. 많은 피난자의 가족, 친구, 친척, 지인들이 후쿠시마 원전사고로 인한 병에 쓰러지고 있습니다.
그 수는 지금도 계속 늘어나고 있습니다.
건강피해 데이터와 증언:https://www.gowest-comewest.net/higai/
도쿄 올림픽에서 활약이 기대되었던 수영 선수인 이케에 리카코 선수가 올해 18살 나이에 백혈병에 걸리고 말았습니다. 그녀는 도쿄에서 원전 사고 직후에 방사능이 검출된 가나마치 정수장 계열의 풀에서 계속 수영 연습을 했었고 도쿄에서 가장 방사선량이 높은 에도가와구에 살고 있었습니다. 그녀는 후쿠시마 원전사고 때에 10살이었는데 히로시마 원폭으로 백혈병에 걸린 사람의 피폭시 연령도 10살이 가장 많았습니다. 이렇게 유명인들의 큰병 보도가 분명히 늘어나고 있습니다. 이것은 일반인의 큰병 증가의 반영이라고 할 수 있습니다.

★오염된 방사성 폐기물을 일본 전국의 공공 사업에서 재이용 하려 하고 있습니다.
정부의 제염 작업으로 고농도로 방사능오염된 2200만톤이나 되는 ‘방사성 폐기물’이 들어간 검은 포대(플레콘백)가 산 처럼 쌓여 있습니다. 현재, 정부는 이 오염된 흙 등을 공공 사업에서 재이용하여 방사능오염 물질을 전국으로 흩뿌리려 하고 있습니다.

★정부는 트리튬(삼중수소) 오염수를 해양폐기하려 하고 있습니다.
정부와 도쿄전력(TEPCO)은 사고를 일으킨 후쿠시마 원자력 발전소 부지 내의 탱크에 저장하고 있는 트리튬(삼중수소) 오염수 100만톤 이상을 바다에 방출하려 하고 있습니다. 트리튬은 수소의 방사성동위원소로서, 수소로서 행동하며 체내 모든 부위에 깊숙이 들어가 몹시 위험합니다. DNA, 게놈, 단백질, 효소, 지방, 뇌 조직 등에 손상을 미치게 합니다. 바다에 폐기하려 하는 트리튬의 양은 약 1∼3페타베크렐 (10의 15승Bq)이라고 추정됩니다. 이것은 후쿠시마 사고 전에 일본에 있었던 모든 원자력 발전소가 1년간에 방출했던 총량 (5년간 평균으로 0.38PBq)의 3∼8년분에 상당합니다. 이 계획이 실행으로 옮겨지면 태평양, 물고기나 해양생물, 바다의 생태계, 나아가서는 공기와 빗물이 방사능으로 오염되는 것은 피할 수 없습니다.

우리는 더 이상 세계 사람들을 피폭시키는 가해자가 되고 싶지 않습니다.
일본정부와 IOC는 2020년 도쿄 올림픽을 중단해야 합니다. 우리는 중단을 요구해 행동하고 있습니다. 세계 곳곳에서도 중단을 요구하는 목소리를 높이거나 보이콧 행동을 강화해 주세요.

<관심을 가져주신 분은 우리와 함께 행동해 주세요.>
① 위험한 도쿄 올림픽은 중단해야 한다고 일본정부에 요구해 주세요.
②동일본 지방에서 사람들이 집단피난을 할 수 있는 정책을 시행하라고 일본정부에 요구해 주세요.
③우리는 9월29일(일)에 일본 오사카에서 ‘원전피폭 은폐를 용납하지 않는 오사카 집회&데모’를 합니다.
https://www.gowest-comewest.net/our-missions/
같은 9월29일에 자신의 동네에서 요구행동, WEB이나 가두에서의 어필, 데모 등을 해 주세요.
같은 날에 하는 게 어려울 경우는 다른 날에 하셔도 돼요.
행동을 결정하시면 우리에게 알려 주시면 정리해서 공표할 것입니다.
080-4095-3319
E-mail:gowest@gowest-comewest.net
https://www.gowest-comewest.net
영어&조선어:https://www.gowest-comewest.net/category/english
참고: ‘반 올림픽국제공동 연대 성명’조선어판 https://hangorin.tumblr.com/post/186675489226/%EC%98%AC%EB%A6%BC%ED%94%BD%EC%9D%80-%ED%95%84%EC%9A%94%EC%97%86%EB%8B%A4-nolympics-anywhere-%EA%B3%B5%EB%8F%99%EC%97%B0%EB%8C%80%EC%84%B1%EB%AA%85

国際声明:福島から東京まで放射能汚染はいまも危険 福島原発事故からの避難者たちは2020年東京五輪のボイコットを支持します。

私たちは、福島原発事故からの避難者と支援者による団体「Go West Come West!!!(ゴーウェスト カムウェスト)」です。私たちは避難者として、韓国を始め世界各国が東京五輪をボイコットすることを支持し、連帯します。以下に日本政府が隠している放射能汚染の危険性をお伝えします。

日本政府による過小評価されたデータでさえ、福島第一原子力発電所の事故で、広島に落とされた原子力爆弾が放出したセシウム137の168倍もの量のセシウム137が放出されたことを示しています。広島に降り注いだ放射性降下物(「死の灰」)のおよそ168倍です。

総理大臣の安倍晋三は、「健康に対する問題(福島事故の)は、今までも、現在も、これからも全くないということは、はっきりと申し上げておきたいと思います」と宣言しました。この主張は、広島の原子力爆弾の「死の灰」による健康被害はなかったと言っているのに等しいです。まったく根拠のない主張であり、はっきり嘘です。

★福島原発事故は収束していません。

原発事故は今も続いています。毎日毎日、今この瞬間にも、高濃度の放射性物質が原子炉建屋の上からも下からも漏れ続けています。空気、水、土、海、食物など人が生きる基本となるすべてが、この原発事故の放射能によって、今もなお深刻に汚染されています。福島だけではなく東京も含む東日本全域が汚染されており、チェルノブイリ事故の基準で避難が必要な場所や避難の権利が保証される場所に、何千万人もの住民が住んでいます。しかし日本政府は事実を一切伝えず、何の救済もせず、住民を見殺しにしています。

最近、福島の復興を担当する中心的人物4人が次々と比較的若くして亡くなりました。元復興大臣、元復興副大臣、元環境大臣政務官、そして福島県浪江町の現職の町長です。いまこそ私たちは真実を直視する必要があります。

★政府がしていること――それは隠蔽です

日本政府、東京電力(TEPCO)、支配的マスメディアは、ありとあらゆる力を行使し、福島原発事故の真相を隠ぺいしようとしています。事故の責任を取らないこと、甚大な健康被害に対する賠償金を支払わないことが目的です。

政府は「放射線管理区域」の4倍も汚染された地域へ原発事故の避難者を帰還させています。原子炉施設や放射線医療施設などで3ヵ月に1.3ミリ・シーベルト(mSv)(5.2mSv/年)または40,000bq/m2を超える恐れのある区域は、「放射線管理区域」として指定されています。そこへの立ち入りは厳しく制限されています。子供たちが立ち入ることや飲食は禁止されています。

しかし、現在、日本政府は、「放射線管理区域」指定レベルのおよそ4倍、年間20ミリ・シーベルト(20mSv/y)までの汚染地域へ人々が帰還し居住するように促しています。

★政府は「福島は安全」というイメージ作りのために2020年の東京オリンピックを利用しようとしています。しかし東京も危険です。

 日本政府は、オリンピックを利用して真実を隠ぺいしようとしています。政府は、多額の資金を使って「放射能は安全」という安全神話を国内外で宣伝し、福島はもう完全に安全であると人々に信じこませようとしています。政府はオリンピック選手・訪問者に福島産食材を食べさせようとしています。また、政府は、選手や海外からの訪問者の食事に福島県産の食材を幅広く取り入れる計画をしています。(読売新聞 2018年7月24日付)。

 福島県など放射能汚染度の高い地域の競技場や施設で、いくつかの競技を行うことも予定しています(特に野球とソフトボール)。こうしたことによって、選手や観客が空中に浮遊する不溶性放射性粒子を吸入し深刻な健康被害が出ることが懸念されます。

 東京葛飾区の水道水も、日本政府の測定でも0.00481Bq/kgのセシウム汚染が見つかっています(2018年6月の蛇口水の測定)。原子力規制庁のサイトは https://radioactivity.nsr.go.jp/ja/list/194/list-1.html

 これは一般家庭(年間の水道使用量を30万リットルとすると)では、年間に1500Bq程度の汚染を受けるレベルです。」

スイミング会場の東京「お台場」の底土は、放射性セシウムにより、91Bq/kgのレベルで汚染されています(大腸菌レベルや水質の不備は言うまでもなく)。(出典は同上)

お台場の近くには、底土汚染が168Bq/kgや189Bq/Kgの箇所もあります。しかも、このようなセシウムは「不溶性」の放射性微粒子形態をとっている可能性が高く、海水に浮遊しているでしょうから、肺内に吸着すると長期にわたって排出されないでしょう。本書:http://www.ryokufu.com/isbn978-4-8461-1914-0n.html で分析しております通り、不溶性微粒子は、NHK番組でさえ70~180倍、欧州放射線リスク委員会ECRRのデータに基づくわれわれの計算では、外部被曝およびカリウム40の内部被曝の数千倍も危険なものです。

NHK:https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3986/  ECRR:http://www.jca.apc.org/mihama/ecrr/ecrr2010_chap6_9.pdf

★政府は福島事故による健康被害を一切否定しています。しかし健康被害は拡大しています。

 福島県によると、これまでに36万人の子供の人口に対し、209人もの子供が小児甲状腺がんと診断されています。通常、放射能の影響がない場合、小児甲状腺がんの発症率は極めて稀で、年間でおよそ100万人に1人です。しかし、政府は放射能との関連性を否定しています。放射能による被ばく(特に内部被ばく)は、ガンや白血病だけでなく、血管、心筋、脳神経細胞など様々な形で人間の主要な臓器の細胞の壊死または細胞の損傷を引き起こします。

福島原発事故以降、心筋梗塞、心不全、突然死、脳卒中、アルツハイマー病の急激な増加が報告されています。多くの避難者の家族、友人、親類、知人が、福島原発事故によって病に倒れています。その人数はなおも増えています。健康被害のデータと証言:https://www.gowest-comewest.net/higai/

 東京五輪で期待されていた、水泳の池江璃花子選手が今年18歳で白血病になってしまいました。彼女は東京で事故直後に放射能が検出された金町浄水場系列のプールで泳ぎ続け、東京で最も放射線量の高い江戸川区に住んでいました。彼女は福島原発事故時に10歳であり、広島の原爆で白血病になった人の被曝時年齢も10歳が最も多かったのです。このように著名人の大病報道は明らかに増えています。それは一般人の増加の反映です。

★汚染された放射性廃棄物を日本全国の公共事業で再利用しようとしています。

政府の除染作業によって、高濃度に放射能汚染された2200万トンもの「放射性廃棄物」のフレコンバックの山ができました。現在、政府はこの汚染された土などを公共事業で再利用し、放射能汚染物質を全国にバラまこうとしています。

★政府はトリチウム汚染水を海洋廃棄しようとしています

政府と東京電力(TEPCO)は、事故を起こした福島原子力発電所の敷地内のタンクに貯蔵している、トリチウム汚染水100万トン以上を海へ放出しようとしています。トリチウムは、水素の放射性同位元素で、水素としてふるまい、体内のあらゆる部位に入り込み大変危険です。DNA、ゲノム、タンパク質、酵素、脂肪、脳組織などに損傷を及ぼします。

海に廃棄しようとしているトリチウムの量は、およそ1~3ペタベクレル(10の15乗Bq)と推定されています。これは、福島事故前に、日本にあったすべての原子力発電所が1年間に放出していた総量(5年間平均で0.38PBq)の3~8年分に相当します。この計画が実行に移されたら、太平洋、魚や海洋生物、海の生態系、さらには空気と雨が放射能に汚染されることは避けられません。

私達はこれ以上世界の人々を被ばくさせる加害者になりたくありません。日本政府とIOCは2020年東京五輪を中止するべきです。私達は中止を求めて行動しています。世界からも中止の声やボイコットの行動を強めて下さい。

<関心を持たれた方、私たちと一緒に行動してください。>

①危険な東京五輪は中止にすることを、日本政府に要求してください。

②東日本から人々が集団避難できる政策を行うことを、日本政府に要求してください。

③私たちは9月29日(日)に日本の大阪で「原発被ばく隠しを許さない 大阪集会&デモ」を行います。https://www.gowest-comewest.net/our-missions/

ぜひ同じ9月29日に、あなたの街で、要求行動、WEBや街頭でのアピール、デモなどを行ってください。

無理な時は別の日におこなってください。

行動を決めたら、私たちに教えてください。まとめて公表します。

080-4095-3319  E-mail:gowest@gowest-comewest.net

HP: https://www.gowest-comewest.net
英語、朝鮮語等:https://www.gowest-comewest.net/category/english/

参考:「反五輪国際共同連帯声明」朝鮮語版: https://hangorin.tumblr.com/post/186675489226/%EC%98%AC%EB%A6%BC%ED%94%BD%EC%9D%80-%ED%95%84%EC%9A%94%EC%97%86%EB%8B%A4-nolympics-anywhere-%EA%B3%B5%EB%8F%99%EC%97%B0%EB%8C%80%EC%84%B1%EB%AA%85

『チェルノブイリ原発事故がもたらしたこれだけの人体被害』より引用

1.低線量被曝(0~500ミリシーベルト)の影響を系統的に調査、検討したが、チェルノブイリ原発事故以前には、低線量被曝による遺伝的障害の存在は明確にされていなかった。遺伝的障害の研究は、細胞レベルおよび細胞中の分子構造に関する研究によって進展した。ただし、ICRPは100ミリシーベルトを先天性奇形が出現するしきい値であると主張し続けている。しかしこの主張は、多くの研究によって否定されている。

2.ゲノム(遺伝情報)の不安定性増加、バイスタンダー効果(傍観者の意味。被曝した細胞から周辺の被爆者しなかった細胞へ遠隔的に被曝の情報が伝えられる現象。低線量放射線の生物影響を考える上で、重要な現象と考えられている)などの非標的効果が発見され、直接放射線に曝露していない細胞の遺伝子が影響を受けるという事実が明らかにされた。

3.曝露した放射線レベルが低いほど、曝露から発ガンまでの潜伏期間が長くなることが明らかにされた(RERF=財団法人放射線影響研究所のデータをもとにPierceとPrestonが2000年に立証した)。

4.ゲノムの不安定性は遺伝子に引き継がれ、世代が進むにつれてその不安定性は指数関数的に増加する。リクビダートルと放射線被曝のない女性の間に生まれた子供に染色体異常が増加しているという知見が、調査を行った3つの共和国の研究機関(モスクワ、ミンスク、キエフ)から数多く報告されている。このようにして次世代に引き継がれた遺伝子異常の蓄積によってまずもたらされる病気は甲状腺ガンであると考えられているが、断定はできない。

5.ガン以外の疾患、おもに心臓血管疾患と胃の病気が増加することが明らかになっている。また、神経精神疾患の中に低線量被曝によって引き起こされた身体影響によって発病した症例が存在することも明らかになった。これはリクビダートルとその子供を調査する中で明らかにされた知見である。

6.ロシア当局の発表によれば、リクビダートルの9割以上(74万人)が健康を損ねたと報告されている。老化が早まったり、ガンや白血病などの各種の身体疾患、精神疾患が平均以上の頻度で発症していた。とりわけ、白内障を患っている患者が多出している。ガンの潜伏期間を考慮すると、ガンが有意に増加するのはこれからであろう。

7.(政府や国債機関と関係を持たない)組織の推計によれば、2005年までに11万2000人から12万5000人(13.5%から15.1%)のリクビダートルが死亡している。

8.チェルノブイリ原発事故によって死亡した乳幼児は、およそ5000人と推定されている。

9.遺伝子異常と奇形は、直接事故の影響を受けた3地域(ロシア、ベラルーシ、ウクライナの高汚染区域)だけでなく、多くのヨーロッパ諸国で有意に増加している。ドイツのバイエルン地方(バイエルン州)だけでも、チェルノブイリ原発事故以後、1000人から3000人の先天性奇形が超過発生している。ヨーロッパ全体では、放射線被曝によって重度の障害を持つ子供が1万人以上生まれた可能性がある。かのIAEAの推計でさえ、西ヨーロッパで1万人から2万人が流産したと公表していることを鑑ると、報告されない症例は相当多いと考えざるを得ない。

10.「原子放射線の影響に関する国連科学委員会」(UNSCEAR)によれば、チェルノブイリ地域では1万2000人から8万3000人の先天性奇形を持つ子供が生まれ、世界全体で約3万人から20万7000人の遺伝的障害を持つ子供が生まれている。第1世代に発病する障害は、全発病数のわずか10%と考えられる(残りの90%はそれ以降の世代で発症する)。

11.チェルノブイリ原発事故の後、ヨーロッパでは死産と先天性奇形が増加しただけでなく、胎児の男女比が変動した。1986年以降、女児の出生が有意に減少している。
Kristina VoigtとHagen Scherbの論文によれば、1986年以降、ヨーロッパで出生した子供の数は予測より80万人減少したとされている。Scherbは、彼らの論文はすべての国のデータをカバーした上で検討した結論ではないため、チェルノブイリ原発事故が原因で出生できなかった子供の数は、およそ100万人にのぼる可能性があると述べている。同様の影響は、(1950~1960年代を中心におこなわれた)大気中核実験後にも観察されている。

12.ベラルーシだけで、1万2000人以上がチェルノブイリ原発事故後に甲状腺ガンに罹患した(Pavel Bespalchuk,2007)。WHOは、ベラルーシのゴメリ地区だけで、5万人以上の子供が将来、甲状腺ガンに罹患すると予測している。すべての年齢層を合計すると、ゴメリ地域から10万人の甲状腺ガン患者が発生すると考えなければならない。

13.ベラルーシとウクライナで発見された甲状腺ガンの症例に基づき、Malko(2007)は放射線被曝による影響を加味して、将来の甲状腺ガンの患者数を推計している。それによると、1986年~2056年までに、9万2627人の甲状腺ガン患者が発生するという結論が得られた。この計算には、リクビダートルの甲状腺ガンは含まれていない。

14.チェルノブイリ原発事故後、スウェーデン、フィンランド、ノルウェーの2006年の乳幼児死亡率が、1976年より15.8%有意に増加した。Alfred Korbleinは、1987~1992年の間にさらに1209人(95% 信頼区間:875~1556人)の乳幼児が死亡したと推計している。

15.ドイツでは、チェルノブイリ原発事故後9カ月にわたってダウン症候群を持つ新生児が有意に増加したことが科学的調査によって明らかにされた。この傾向は、西ベルリンと東ドイツで顕著だった。

16.OrlovとShaverskyは、ウクライナの3歳以下の子供の脳腫瘍の症例188例に関する報告を行っている。この報告によると、1981~1985年の発病数は9例で、平均すると年間2例に満たないが、原発事故後の1986~2002年の間の発病数は179例で、年間10例以上に上っている。

17.放射能汚染度の高い南ドイツ地方では、神経芽細胞腫というきわめてまれな腫瘍が、子供たちの間で集団発生していた。

18.ウクライナのチェルノブイリ庁が発表した公式文書によれば、1987~1992年の間に内分泌疾患は125倍、脳神経疾患は6倍、循環器系疾患は44倍、消化器疾患60倍、皮膚結合組織疾患50倍、筋肉骨格疾患および精神疾患は53倍も増加したことが記録されている。健康に異常のない避難民の比率(健康率)は、1987年には59%であったが、1996年には18%に低下している。同じく汚染地域の住民の健康率は52%から21%に低下し、きわめて重大なことであり、親が高度の放射線曝露を受けたが、自身は放射能に直接曝露しなかった子供でも、健康率が81%から30%に低下していた(1996年)。

19.数年にわたって子供と若者のI型糖尿病(インスリン依存性糖尿病)が急増したことが報告されている。

20.白血病やガンといった典型的な被曝関連疾患よりも、非ガン性疾患の増加が非常に多くみられた。

出典

核戦争防止国際医師会議ドイツ支部著・松崎道幸監訳
『チェルノブイリ原発事故がもたらしたこれだけの人体被害』
合同出版 原著2011年・邦訳2012年出版

南相馬市立総合病院事務課が公表した患者統計とそれについての病院事務課のコメントについて

市民と科学者のための内部被曝問題研究会会員 渡辺悦司

南相馬市立総合病院の患者統計について新しい展開がありましたので、ご報告いたします。
テキストで掲載することが困難なため、PDFでご提供いたします。お手数ですが、お手元にダウンロードしてご覧ください。

福島原発事故、首都圏の放射能汚染、能力減退症

以下、メンバーのFacebookの投稿です。
https://www.facebook.com/people/下澤陽子/100011331077034


昨日(*9月23日)の三田茂先生の講演会は、当日の30人ほども加わり130人を超えるような参加がありました。
わたしたちは、ひとりではない。
放射能を逃れて避難された方々がこれほど多く一堂に会するのをみるのは、私には初めてのこと。

“福島原発事故、首都圏の放射能汚染、能力減退症” の続きを読む

東京の水道水、なおも福島の放射能によって汚染

関東の水道水の放射能汚染度を測定している方から、東京の水道水の放射能汚染の具合が悪化していると連絡がありました。

2011年3月の福島原発事故から、何年も経っていますが、この連絡があったのは今月のことです。
その時のゴーウェストメンバーのコメントを少しご紹介します。
こういったことがテレビや新聞で報道されず、みんなが知らされずに汚染された水道水を摂取し続けているなんて、、、。
そして、増え続けるがんや突然死。本当に恐ろしいです。


東京の水道水の放射能汚染の程度が悪化している理由。

(1)風雨による再飛散などの自然現象と、
(2)交通機関による汚染の拡散や除染残土の再利用とその環境中への拡散
など人為的なものの両方が考えられると思います。

福島原発事故は、政府の過小評価された推計でも広島原爆168.5発分の死の灰(セシウム137ベース)を放出しました(実際には大気中に600発程度、海水中に400発程度で、1000発分程度です)。

うち、日本の陸土に沈着したのは、これも政府側(学術会議)推計で27%ですから、45.5発分くらいです(実際には、沈着率およそ4割で240発分程度です)。

うち除染残土の中に回収されたものが、広島原爆5発分程度あります。

これが、いま福島や近郊から全国に拡散されて行っている過程にあるのです。

政府は、これに対し何の防護策も取っていませんし、反対にこの再拡散を人為的に促進する「非人道的」極まる政策を採っています。

福島県内の高汚染地域を通過した車両も列車も何の除染もされていません(シャワーだけでも効果があるのですが)。

皆さまのもとに宅急便で届く荷物の表面を測定してみてください。

私の住んでいる関西でも、明らかに高いものが少なからずあります。

みんな関心がなくなっているだけで、おそらく駅なども高い線量になっているものと推測されます。