Report: Go West Come West Japan’s August 6 Hiroshima Action

Ryota Sono and Yoko Shimosawa
August 7, 2019

(Translated and edited by Etsuji Watanabe and Nozomi Isizu)

In Japanese : https://www.gowest-comewest.net/2019/08/06/2019-08-09hiroshima/

Friends, evacuees and supporters! This is Ryota Sono.
We are very pleased to inform you that we successfully completed the August 6 Hiroshima Action for Appeal without any serious trouble with the police and extreme rightwing activists. Our ten members were able to get a lot of participants from daytime meetings, with even refreshments gifted by them, and handed out all the leaflets that we had brought in. Special thanks to the participants from distant places in exhausting schedules and scorching weather!

The below is a report on our evening action including the first-stage interference by the security firm supposedly coordinated with the authorities. Part 1 is written by me, Part 2 by Yoko Shimosawa.
It would be greatly appreciated if you could spread this document to your friends and acquaintances.

———— Part1 ————

Overview

Again this year, we, Go West and Come West Japan, an organization of nuclear evacuees from Tohoku and Kanto regions (including Fukushima and Tokyo areas) and their supporters, organized an action in Hiroshima on August 6, the 74th anniversary of the United States atomic bombing.
The action was named “NO to A-bomb/nuke-power/radiation! NO to covering-up health damage for nukes! 3.11 refugees and friends’ Hiroshima Appeal on Motoyasu bridge in Hiroshima Peace Memorial Park”.
The purpose was to convey the following messages to those who gathered in the park on “the night” of August 6, when largest number of people were expected to gather from inside and outside the country. Specifically:
(1) Stop the Japanese government covering up the radiation exposure damage of both Hiroshima/Nagasaki atomic bombings and the Fukushima nuclear plant disaster, as well as sacrificing the victims, especially returnees to highly contaminated areas in Fukushima, which is tantamount to secret radiological mass murder organized by the Japanese government.
(2) Convey the danger that the Tokyo Olympics entails with the authorities entirely disregarding radiation exposure risks, and demand the government cancel it.
(3) Stop the U.S. government preparing new nuclear war with ‘usable’ nuclear weapons. The cover-up of radiation exposure in Japan has reached a critical stage where we cannot help suspecting that the aim of the cover-up has something to do with the now-preparing United States use of small-sized nuclear weapons.
We distributed the handouts: “Tokyo as well as Fukushima Is NOT Radiologically Safe. “The Government of Japan is Making Tokyo Olympics Radiating Fields of Athletes and Visitors” : http://ur0.work/Yuih
This flier included the appeal for an international unified action on September 29, 2019, against new nuclear arms race and new nuclear war preparations, as well as against Fukushima radiation damage cover-ups :
https://www.gowest-comewest.net/our-missions/
Last year, we experienced an upsurge of our action with so many visitors from overseas and second generation atomic bomb survivors attending our impromptu meeting and sharing the hidden health damage of nuclear disasters. In the end of the action, however, the Hiroshima Prefectural Police unlawfully arrested one of our members, supposedly because of this upsurge.
But this crackdown has determined us never to succumb to such a threat! So we have made it this year on the same Motoyasu bridge! By increasing the numbers of activists and shooting cameras we had prepared for an unexpected situation.

Prelude

On 5-6th in August in the Peace Park, many civic meetings, demonstrations, panel displays are performed freely by many groups coming from the whole country. On the morning of 6th of this year nothing unlike last year was witnessed on the bridge at all. But late afternoon suddenly the sidewalk and road were divided by corns and poles (see the photographs below) though it is a vehicle-free promenade. And the signs were posted displaying “Loudspeaker campaign without permission prohibited” and ”Don’t stop walking”. A large number of security guards and the police officers were stationed there.

The bridge was blocked by a security firm

Wasn’t this the regulation exclusively targeting our appeal? Just like last year, we were the only group which held demonstration on this bridge, although last year ours was a very small action by only four people.
It was clear their intention to crack down was targeted at the content of our action - “speaking openly in 8.6 Hiroshima to those from all over Japan and the world about the risks and real health damage caused by the Fukushima-disaster-induced internal radiation exposure, which the Japanese government is systematically covering up.” If so, we, the nuclear refugees and friends cannot and will not give it up.
These days, freedom of expression is in danger and the government’s interference is becoming more and more intense. Therefore, first of all, I would like to write down a memorandum so that our experience can be useful for negotiations in such cases.

Negotiation

At first we entered into negotiation with the security firm. We held many cameras, thinking that this could more effectively prevent the police from intervening than a small number of people without recording the situation. With that in mind:
(1)First confirming the situation.
We asked one of the guards “who was regulating what?”
His answer was that a security firm obtained permission to use the road on the whole bridge because it was expected to be crowded with people seeing the Toro-Nagashi, floating of lanterns (photograph below), and their purpose was to secure smooth traffic and prevent troubles.” That was a stock phrase used by the police for the road regulation.

Toro-Nagashi, floating of lanterns

(Note: this suggested that all the arrangement might have been instructed by the police. The bridge is located in the site of the Park, therefore outside the direct jurisdiction of the police, so the police, being afraid of raising antipathy of people if they stood out, might use the security firm to come to the fore.
(2) A police officer then interrupted by saying to us “do not make trouble.” → We urged the police to stay away, citing the principle that police stay out of civil disputes → We requested the guard to call their chief”.
(3) The person in charge came.
We said to him, “this is a part of the public park, usable for anyone. Besides, the Peace Park on the very day of August 6. It is the city of Hiroshima that sponsors the floating of lanterns and the city authorities do not interfere in any civic actions. No way, can a private security firm occupy the bridge arbitrarily and hinder free civic actions? Neither, can there be any legal grounds? → The chief responded, “But do you have the permit of the police necessary for street propaganda?”
(4) We replied “Permits of the police are not necessary for street propaganda, which is confirmed by the High Court judgment.” We searched “the Yurakucho judgment” in my smartphone and showed it to him.
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-08-11/2005081112faq_01_0.html
“Permission is unnecessary, because we use only a part of the road, we do not cause the traffic interference either.” →The chief said “I did not know that” and began to soften.
(5) We said, “We are going to make an appeal about the damage the radiation exposure causes, which is the best match with this place and date. I believe that you share the same feelings with us. If any trouble happened we could handle it. No problem.” → The person in charge said “Understood. But set the volume modestly.” He withdrew from there, saying “If anything happens let us know.”
After that both the security firm and the police stood by and waited, but they did not interfere at all.
The government and the police are aiming at people spontaneously giving up their rights. A right is what people are to fight and gain specifically. Let’s go out and take action.

———— Part2 ————

Action completed

No one was arrested this year. What a relief!
We finished our Hiroshima action near the ground zero of the U.S. atomic bombing on the evening of August 6. Afterwards we held a tiny party with beer cans and bentos at the bank of Motoyasu bridge to celebrate our mission completed. (Thank you, the members of Heiwa no Tsudoi (meeting for peace) for giving us good foods and drinks).
Some of our members said, “last year it would have been impossible for us to have such negotiations with the police. Only four of us participated our action last year. But this year the number was 10 thanks to advance notifications. Police won’t look down on us when more of us are present. That’s the lesson we’ve learned.”
We discussed, “After all, it’s surprising that our such small action of last year heightened the alert level of the police so dramatically this year. The key point is topics of our appeal: the tragedy of Hiroshima is connected with Fukushima nuclear disaster, the real picture of radioactive contamination in the eastern Japan, and radiation-induced health damage.”
This year we had more speakers and their speeches were impressive.

Ms Kiyoko Mito, a famous no-nukes activist in Japan, stopped by and gave a moving speech which included all the things I wanted to express.

Ms Mito appealing passionately to passer-by

Nearly half of the people who were reading our handouts, looking at the radio-contamination map of Japan spread on the street, and listening to my English speech were foreign visitors. It was worth the time I had devoted to practicing my speech.

Lessons

Nuclear weapon burns us alive to death from outside and destroy our body from inside. This is what all nukes are really about.
The true meaning of ongoing Fukushima nuclear accident, or rather a nuclear disaster, lies there. We needed to tell that story to people here in Hiroshima. I was very grateful that we were able to protect ourselves from the police and secure this place for speeches.
The words engraved in the stone at the Hiroshima Peace Memorial Park is “the error shall not be repeated” (direct translation from Japanese). Committed to this oath, we will never overlook lives being deprived or being killed. This is the sole reason that we stood there and I wanted to stand there. I lost words seeing those security guards and police standing in our way. “What are they that we are dealing with?”

We are the same human beings and we are all being exposed by radiation time after time. Among those guards and police many have daughters and sons. It should be natural that parents want to protect their children.
I wish one day all people held each other’s hands, beyond the barrier, in order to ‘protect’ lives. Just like I had an opportunity to make speech there. I feel that the time of 74 years ago is connected straight to the present.
I want all people to be aware that we are forced to march along the same course leading to the same “error.” I hope that we can hold an event like this next year too, wishing more and more people to participate in our action. Now I am on my way home from Hiroshima.

Memory

I just remembered a song I sang with pupils for a play at a school festival when I was an elementary school teacher.
The scene was about a town changing rapidly with an autocratic king.
The king’s men sang this song, called ‘Ban’.

His Majesty’s banned it, banned it.
It’s banned (a commander)
It’s banned (all)
Never ever (a commander),
Never ever do that (all)

The song went on like this.
Were the king’s men those police?

7月6日東京集会「福島・関東 放射能の健康被害と私たちの未来」告知と報告

<集会報告>

7月6日、東京の「フリーター全般労働組合・生存部会」が、被ばく被害や避難を考える集会を開催。40人が集まった。主催者は「被ばく被害は、労働や貧困と同様に深刻な生存の問題だが、事故から時間がたち、語れる場が少なくなったために企画した」と説明。
 まず、「神奈川・子どもを守りたい」共同代表の中井美和子さんが話した。横浜市4校の市立学校、300園の保育園が、事故後に除染した土を敷地内に埋設し続けており、今春に2名の園児の白血病が発覚。会は5月に市に対して完全移設を申し入れるなど、追及を続けている。
 横浜の土も事故後に高濃度汚染された。そこで市の学校・保育園は土をポリ袋等に入れて密閉した後、保護者にも知らせずに敷地内に置いたり、埋設した。これが大きく報道されたため、2017年3月に市の北部汚泥資源化センターに移設したが、多くの保育園では埋設され続けた。
 しかし、港南区の同じ保育園で園児2人が白血病になったことを保護者がSNSで発信し、再び問題化。会は、汚染土のセンターへの完全移設を求める署名を集め、5月に約5400筆を林文子市長宛てに提出し、記者会見を開くなどした。だが、市は「空間線量は除染基準値以下だから、移す必要はない」の一点張りだ。
 市の隠ぺい体質と安全論を押しつける対応に、多くの保護者が怒っている。
 中井さんは「横浜の土も汚染されていることが広く知られていないため、福島から土を持ってきたと勘違いされることが多い。横須賀市は全て掘り起こし、学校から移管させた。汚染土があれば病気のリスクも上がる。不安要素を取り除くのは自治体の仕事だ。市は安全論で保護者を囲い込んでいる。現場の園長や職員に問題を周知し、移設を勝ち取っていきたい」と語った。 
 会は保護者と連絡をとりながら闘いを続ける。今後の展開や協力できることは、「神奈川・子どもを守りたい」でフェイスブックを検索してほしい。
 続けて原発事故からの避難希望者を支援する「Go West」の園良太さんが、健康被害をめぐる全体構造を4点話した。
 ①放射能は地面に溜まり、微粒子となって空気中を舞い続けている。また事故原発の収束作業は大量の放射能を出し続け、6月25日からは福島原発5、6号機からも大量の白煙が上がり、多数ヘリが飛来し、核燃料トラブルが懸念されている。これらが、福島でも横浜でも広範囲に健康被害を増幅させている(7月9日には東電が3号機からの放射能漏えいを発表)。
 ②国が「福島復興・帰還政策」を避難政策に一切転換しないことが、問題の根源。さらに「放射能の健康被害はゼロ」と学校・病院・報道で教え込む政策に改悪されている。
 ③結果、東北・関東の住民は、健康被害が顕在化しても被ばくの影響や避難の希望を語れない棄民状態に置かれている。友人知人も次々倒れている。この集会は若い友人が悪性大腸がんになった衝撃から企画されたが、参加を希望していた彼は治療による不調で来られなかった。
 ④住民は健康被害を共有し、国に「汚染を明らかにし、避難をさせろ」と要求する大きな運動が必要だ。『チェルノブイリ法日本版』制定運動など、多様な運動がそこに合流することが大事だ。そして現在避難を希望している方は、「Go West」が交通費支援や大阪市営住宅への案内などを行なっているので活用して欲しいし、皆さんと連帯したい、と報告した。
 これを受け、脱・競争社会を訴えて集会などを行ってきた「だめ連」のぺぺ長谷川さんが、16年ごろから身近な友人の死が多発したことに被ばくとの因果関係がありうると話した。17年に「被ばくの影響だ」と公言しながら末期大腸がんで39歳で死去した松平耕一さんら、当事者による『福島原発事故による健康被害者の会』を紹介した。今も求められている活動だろう。
 参加者からは「福島や北関東に比べ首都圏は安全だと思ってしまうが、認識が変わった」「今日の集会で避難をしようと決めた」との声が上がった。今後も同様の集会が首都圏で計画されている。

<告知分>

★☆ ★☆★☆★☆★転送・転載・参加のお願い ★☆★☆★☆★☆★
「福島・関東 放射能の健康被害と私たちの未来」

7月6日(土)18時~フリーター全般労組会議室(渋谷区代々木4-29-4西新宿ミノシマビル2階)地図:http://freeter-union.org/
スピーカー:園良太(大阪「Go West Come West」)ぺぺ長谷川(東京「だめ連」)中井美和子(「神奈川・子どもを守りたい」共同代表)、ほか
主催:フリーター全般労働組合・生存部会  

福島原発事故からはや8年。事故直後、東日本の私たちは反原発デモに行くだけではなく、放射能が今どうなっているのかや、「逃げるか、残るか」を考え、話し合っていたと思います。
しかし今では少なくなりました。放射能は目に見えません。判断が分かれます。
国は因果関係や被ばくの危険を「風評被害」だと全否定し、避難支援を全て打ち切りました。
この結果、私たちは考え・話し合う場や、被ばくを防ぎ・避難する方法を失ったからです。

しかし現実には、放射能の影響が考えられる健康被害が、いよいよ目立ってきました。
通常なら100万人に1~2人しか出ない18歳以下の甲状腺がんが、福島県では200名以上。
横浜では、放射能汚染土を埋めていた保育園で2名の児童が白血病になりました。
https://dot.asahi.com/wa/2019060100003.html?page=1
水泳の池江璃花子選手がわずか18歳で白血病になりましたが、彼女は東京で事故直後に放射能が検出された「金町浄水場」系のプールで泳ぎ続けていました。
他にも事故後の病気増加のデータは多数あります。私たちも周囲で増加を感じながら、重い気持ちにふたをして過ごしていませんか?

そこで私たちは、みなさんともう一度考えたいと思います。
被ばくの仕組みと健康被害の現状、国の手法=「復興政策」、私たちの未来について。

フリーター労組組合員で、東京で様々な運動をしていた園良太さんは、
心臓病になったために大阪へ避難し、被ばく被害の告発や避難希望者を支援する運動を開始しました。
被ばく被害:https://www.gowest-comewest.net/higai/
避難支援:https://www.gowest-comewest.net/support/
そこで園さんに、被ばくの危険性・復興帰還政策の問題・西から感じる東の状況を話してもらいます。(高知県での発表資料。改訂予定。http://www.green-citizens.net/archive/20190601.pdf

また、東京に在住しながら身近な仲間の健康被害を見続けてきたぺぺ長谷川さんにも、お話をしてもらいます。さらに横浜の保育園の白血病問題で、汚染土の移動を市に訴え続け
てきた「神奈川・子どもを守りたい」共同代表の中井美和子さんにもお話をしてもらいます。
https://www.facebook.com/kanakodo5/?epa=SEARCH_BOXそして会場のみなさんと、私たちはこの巨大な問題をどう考え、どうしていくか、活発に話し合いたいと思います。ぜひご参加ください!

2019年6月8日「帰還をさせずに、避難をさせて1放射能は広がっている! 梅田デモ―東京五輪による東北・関東の被ばく隠しを許さない

★50人の参加で成功しました!報告です。
集会の映像です  
デモの映像です

帰還をさせずに、避難をさせて!放射能は広がっている!
「3.11福島原発事故の避難者と仲間たち・梅田デモ」


―東京五輪による東北・関東の被ばく隠しを許さない
―国・自治体は全ての避難者に生活支援を!
―国は帰還政策から避難政策へ転換を!
―住民は倒れる前に避難を!私たちは支援します

  • 6月8日(土)15時集合・避難者のアピール、16時10分デモ出発→梅田OSビル前にゴール
  • 集合場所:国労会館3階中会議室(JR天満駅・扇町駅徒歩5分)
  • 地図:外部サイトで表示します
  • 主催:「Go West, Come West!!! 3.11東北・関東 放射能汚染からの避難者と仲間たち」

私たちは福島原発事故による福島や関東からの避難者と仲間たちです。
事故から8年。「復興」「安全」「帰還」が強調されますが、本当にそうでしょうか?
福島の子どもの甲状腺がんだけでも200人を超えました。それだけではなく、多くの大人や直接の友人知人たちに、あらゆる健康被害が急増していることを、私たちは直接聞き取り、相談を受け、大変な危機感を持っています。放射能の被害は後から出てくるからです。
また初めて高濃度汚染された排気塔の解体を始めるなど、福島原発から今も放射能が出続けているからです。
この破滅的な危機を皆さんと共有し、街頭から国に訴えたいと思います。

横浜市では、放射性汚染土等を埋めた保育園で2人のお子さんが白血病を発症。
都内各地の病院統計でも白血病急増が確認され、今年だけでも東京でまだ18歳の水泳池江璃花子選手や歌手の岡村孝子さんなども白血病に。
福島県南相馬市立病院も、各種のがんや心臓病などの累積患者数が3.11以前より以降で急増。
厚労省発表の都道府県別死亡率でも、福島県の急性心筋梗塞死亡者が全国最多、平均の2倍以上。
福島事故後、乳児の複雑心奇形の手術件数が全国的に増加(名古屋市立大調査)
データ・報道以外でも、多くの被害を住民や避難者は確認しています

これに対し、国は17年末に「事故による被ばく被害はゼロ」という政策を全省庁に指示し、デタラメな「放射線のホント」を全国の学校で配りました。
テレビはこの30年間の振り返り報道から福島原発事故を消去しました。
「笑っていれば被ばくは来ない」と宣伝した戦犯・山下俊一が「全国被ばく医療センター長」に就任。
全国の原発再稼動を進め、東電が賠償を次々打ち切り、避難住宅から追い出す。
そして東京五輪までに避難区域をほぼ解除し、五輪を強行して世界へ収束を宣言するのです。

この結果、避難者は生活苦や孤立が限界に達し、東日本の住民も被ばくで発病した
人や新たに避難を希望する人には何の支援もありません。被害も避難もタブー化しています。
五輪は世界中のアスリートや観客も被ばくをさせられます。莫大な税金は本来被害者に使われるべきです。
こんなことが許されるでしょうか? 関西も福井県で次々再稼動されており、
もし事故が起きれば「復興万博」の連呼で被害が隠されるでしょう。

いまこの時も、東日本の家族や友人たちが病で倒れています。まさに静かな戦争です。
そこで私たちは関西からも国・東電に対し声を上げます。被ばく強制や五輪は反対、帰還政策から避難政策へ!みんなを避難させろ!と。
避難者・住民の方々、安倍政権の横暴や原発再稼動に反対する様々な方々の集合をぜひお願いします!

  • 避難移住匿名相談掲示板
    個人情報を書かなくても、相談できます。避難者と支援者の仲間が相談に乗ります。
  • 電話
    080-4095-3319
  • メール
    gowest@gowest-comewest.net
  • SNS
    ツイッターフェイスブックLINE(クリックで登録)
    LINEアカウントは、電話番号を携帯電話・スマホのアドレス帳に追加した後に「友達自動追加」をLINEで設定すると見つかります。
  • 郵便物
    〒567-0815 大阪府茨木市竹橋町2-2-205 「ゴーウエスト」宛

高知市集会 “Go West Come West” 西日本へ行こう! 西日本においで!

福島原発事故から8年。

放射能による健康被害は本番を迎えている。
それなのに、誰も責任をとらず、新たな「避難希望者」への支援は皆無。
すでに避難した人の住宅補償も打ち切られた。

私たちに何ができるか、
一緒に考えてみましょう。


“Go West Come West”の 園良太さんを迎えて
グリーン市民ネットワーク高知設立8周年記念講演会
『放射能による健康被害と、被害のタブー化はどこまで深刻化しているか』

《園良太さんプロフィール》

1981年東京生まれ。
2002年~様々な社会運動参加、主催。
原発事故直後から「東電前アクション」開催。
2015年に不整脈を発病したため、16年末に大阪へ避難。
関西で避難者運動「Go West Come West」結成。
東日本からの避難希望者への支援、被ばく被害の調査・告発、避難者の集会やデモを開催。
東日本の人達に避難を呼びかけています。
「人民新聞社」記者。
著書『ボクが東電前に立ったわけ』(三一書房)ほか。
一緒に世界を変えよう!

報告:40人の参加で成功しました!高知の皆様、ありがとうございました!

発表したパワーポイントはこちら
集会の音声はこちら

原発避難者と仲間たち全員集合!集会ー私達は帰還政策から避難政策への転換を要求します

2019年3月3日と3月17日の告知 オモテ面

3月3日(日)13時半~大阪・天満国労会館1F 参加無料

12時〜飛田晋秀さんの「福島の姿」写真展示避難者が語る想い!今の生活被害、放射能被害、怒り/「放射線のホント」など国のウソ政策の背景/歌、ピアノ、決議

※都合により、デモは16時〜JR天満駅前アピールに変更します

★50人の参加で終了しました。以下、報告写真です。

第二回総会(会計報告、遠藤順子医師の講演ほか)

2018年12月8日に、ゴーウェストは第二回目の総会を開きました。
前半では今後の方針の表明および会計報告を行い、後半では青森からお越しいただいた遠藤順子医師の講演を開きました。
最後は、ゴーウェストのメンバーであり避難者の下澤陽子さん(2014年、東京→兵庫)によるピアノ演奏および参加者の方々との合唱で、閉会となりました。
ごく簡単にではありますが、以下の通り、報告いたします。

“第二回総会(会計報告、遠藤順子医師の講演ほか)” の続きを読む

【9月2日】Go West, Come West!!! 3.11東北・関東 放射能汚染からの避難者と仲間たち集会 Vol.6

9月2日(日)13時半開場、14時開始

「Go West, Come West!!! 3.11東北・関東 放射能汚染からの避難者と仲間たち集会」vol.6

  1. 特別報告―8.6ヒロシマで何を訴えたか、どう弾圧されたか(参加した避難者から)
    本人と救援活動の状況
  2. 「東日本と全国へ広がる放射能汚染 調査・公表と避難者支援を!」
    「首都圏から避難して」下澤陽子さん(東京→神戸)
    「首都圏も覆う放射能タブー」園良太(東京→大阪)、他避難者アピール
    「全国にも広がる放射性廃棄物と被ばく」渡辺悦司(市民と科学者の内部被ばく研)
    「倒れる首都圏の労働者、全国の仕事への影響」りょう(関西住民)
    東日本の放射能被害資料

場所:大阪市中央会館第1・2会議室(地下鉄長堀橋駅5分)⇒地図
参加費:500円(避難者・学生・障がい者無料)
主催:Go West