原発避難者と仲間たち全員集合!集会ー私達は帰還政策から避難政策への転換を要求します

2019年3月3日と3月17日の告知 オモテ面

3月3日(日)13時半~大阪・天満国労会館1F 参加無料

12時〜飛田晋秀さんの「福島の姿」写真展示避難者が語る想い!今の生活被害、放射能被害、怒り/「放射線のホント」など国のウソ政策の背景/歌、ピアノ、決議

※都合により、デモは16時〜JR天満駅前アピールに変更します

★50人の参加で終了しました。以下、報告写真です。

第二回総会(会計報告、遠藤順子医師の講演ほか)

2018年12月8日に、ゴーウェストは第二回目の総会を開きました。
前半では今後の方針の表明および会計報告を行い、後半では青森からお越しいただいた遠藤順子医師の講演を開きました。
最後は、ゴーウェストのメンバーであり避難者の下澤陽子さん(2014年、東京→兵庫)によるピアノ演奏および参加者の方々との合唱で、閉会となりました。
ごく簡単にではありますが、以下の通り、報告いたします。

“第二回総会(会計報告、遠藤順子医師の講演ほか)” の続きを読む

【9月2日】Go West, Come West!!! 3.11東北・関東 放射能汚染からの避難者と仲間たち集会 Vol.6

9月2日(日)13時半開場、14時開始

「Go West, Come West!!! 3.11東北・関東 放射能汚染からの避難者と仲間たち集会」vol.6

  1. 特別報告―8.6ヒロシマで何を訴えたか、どう弾圧されたか(参加した避難者から)
    本人と救援活動の状況
  2. 「東日本と全国へ広がる放射能汚染 調査・公表と避難者支援を!」
    「首都圏から避難して」下澤陽子さん(東京→神戸)
    「首都圏も覆う放射能タブー」園良太(東京→大阪)、他避難者アピール
    「全国にも広がる放射性廃棄物と被ばく」渡辺悦司(市民と科学者の内部被ばく研)
    「倒れる首都圏の労働者、全国の仕事への影響」りょう(関西住民)
    東日本の放射能被害資料

場所:大阪市中央会館第1・2会議室(地下鉄長堀橋駅5分)⇒地図
参加費:500円(避難者・学生・障がい者無料)
主催:Go West

避難者全員集合大集会&デモ第2弾

避難者と仲間たちによる集会&アピールウォーク ご報告

好天候の2日、311 東北・関東 放射能からの避難者と仲間たちである”go West, Come West”主催「ダキシメルオモイ~ 海外発信し始めた原発事故避難者の母たち~」を大阪市中央会館で開催いたしました。

“避難者全員集合大集会&デモ第2弾” の続きを読む

国への要請ー2018年3月10日の『原発避難者と仲間たち全員集合!大集会&デモ』の決議文

  1. すべてのデータを取り、公表してください。
    1. まず国が唯一調査している福島県の小児甲状腺がん患者193人(18年3月時点)は、3.11福島原発事故の放射能汚染の影響であると認めてください。そして、放射能による内部被ばくはあらゆる病気を引き起こすという前提に立って、以下のことを行ってください。
    2. 放射能を理由に避難した人はすべて避難者です。その人数を調べて公表してください。
    3. 東日本の放射能の空間線量と土壌汚染をすべて詳細に調べて公表してください。
    4. 国や福島県立医大に集まっている、患者のデータをもとに、3.11福島原発事故の前と後で各種の病気の患者の人数がどれだけ増加しているか正確に公表してください。
  2. すべての放射能汚染被害者を救済してください。
    1. 避難指示の解除をはじめとする帰還促進政策の見直しを行うことを求めます。
    2. 放射能汚染地域における被曝を防ぐ対策の拡充及び医療・健康対策の確立などの長期的な被害救済策を求めます。
    3. 避難者と避難希望者を支援してください。具体的には以下の通りです。
      • まず全ての避難者に安定した住宅と正規雇用職を用意してください。
      • 子どもの教育と高齢者の介護を支援し続けてください。
      • 医療費を国が負担してください。
      • 新規避難者、避難希望者にもそれらを提供してください。
        移住交通費も負担してください。特に発病した人から重点的に移住支援してください。
      • 避難元と避難先の役所に、相談・支援ステーションを設け、広報してください。