2017年8月26日(土)の梅田HEP前定例街宣の報告

2017年8月26日(土)の梅田HEP前定例街宣の報告です。 下澤陽子 さんのFacebookへの投稿より。
★ ★ ★ ★ ★

バカバカバカ。
絶望的に救い難い。。
昨日、また電車を乗り間違えた。。
HEP前にはもう何度も来てるのに、ボーッと、話すこととか考えてたら、あら反対方面の終点。

…実は昨夜は、避難者の友達が来てくれることになってたから遅刻したくなくて早目に出たというに!
開始後10分ほど過ぎて到着すると、ポツンと離れた植え込みの柵に座ってた彼女。
わあ❤ホントに来てくれた!
「私は見てるわ」
と、言ってたけど、誘って横断幕のところへ。
「私は陽子さんの聞いてるわ」
と、言ってだけど、
「ちょっとだけ、話すわ」
と、マイクを持ってくれた彼女。

私の娘のひとつ上の娘を持つお母さん。
群馬からの 母子避難。
事故後に歩んだ道は違えど、娘さんに動けなくなるほどの強い症状が出たこと、意識ある医者のアドバイスで動いたこと(海外へ母子避難)。
守りたい一心であったこと。
動いたことで元気をと取り戻したこと。
私との共通点は多い。

5つの仕事を掛け持ちして、精魂尽き果てて 帰国することになった 海外での母子避難。
そして、2度目の避難も母子避難。今度は神戸へ。

共通点は多くとも、彼女の道はあまりにも苛酷。
とてもとても、語りきれない。

でも、彼女は、マイクを持ち、歩んだ道を、話してくれた。時々、こみ上げてくるものに言葉を詰まらせながら。
最後は、こちら関西の方たちに訴えかけて、
「どうそ、こちらの、関西のみなさんが、助けてください。
私が(放射能について)危険について、話しても、もうダメなのです。みな、もうがんじがらめで動くことが出来ないのです。」

その場で話してくれたけれど 彼女の住む場所の汚染は1500ベクレル /㎏。18歳以下立ち入り厳禁の放射線管理区域の基準の2倍を軽く超える。
東日本には そんな場所は ざらにある。
(ちなみに 私の住んでいた、東京西部の家の周りは100ベクレル前後でしたが 健康被害が出ました。 bq、 土壌汚染 だけでは表せない 都市汚染の問題も きっと あるのでしょう)

この事故が福島だけの問題ではないこと。
東北や関東 全域の問題であること。
ひいては、関西に住む 人たちも含む日本全体の問題である、と話した。
まさに自らの問題であることを 道行く若者に 語りかけてくれた。

「助けてください。そして、とうぞ、気を付けて自分の身を守ってください。国は、守ってはくれません」
流通の問題。
収束していない 事故により、 全国に飛んでいく放射性微粒子の問題。
そして再稼働されていく西日本の原発。

大惨事。 catastrophe
チェルノブイリ級の原発事故には こんな言葉を使う 英語圏では。
決して事故、なんて言葉では 表せない。
フクシマ大惨事。

2020年にオリンピックが開かれる この国は今、大惨事の ただ中に いる。

さて、私はまたも懲りずに一曲、 歌ってきました。
いつもケサラじゃなんなので、新曲✨
いや ジャイアンじゃないんだけど💦

「いつも何度でも」
ナターシャさんという原発事故を 体験された歌い手さんが話し、歌われるのを聞き、私も歌いたくなったから。
ナターシャさんの村は 死の村になり土の中に埋められた。そこには何も残ってない、って。
そしてナターシャさんが失ったのは ふるさとだけではないと。 とってもたくさんの人が、友達が亡くなっていると。そして生まれてくる赤ちゃんの健康に異常があると。
「人間は忘れることによって同じ過ちを繰り返してしまいます悲劇を忘れないでください同じ過ちを繰り返さないでくださいそう願って私は歌を歌っています」
歌う前にナターシャさんはそう語ります。

日本の人は過去に 学んでいますか?
チェルノブイリという過去を 見ることをしていますか ?
そして 今この国に起きている事故を きちんと見ていますか?

「私は生まれ育った東京に2度と戻ることができなくなりましたが、私の娘は今 健康な毎日を取り戻しました。これは本当に素晴らしいことです。
ふるさとを失っても戻ることができなくなっても、命が、健康な体があればまたいくらでも歩み出せます。」

って、お話ししてから、歌いました。

この歌は本当はハーブ、が無理でもギターと共に 歌いたい~💕 どなたか今度伴奏してください!

🎵 呼んでいる胸の どこか奥で
いつも心躍る 夢を見たい
悲しみは 数え切れないけれど
その向こうで きっとあなたに会える
繰り返す過ちの そのたび
ひとはただ青い空の 青さを知る
果てしなく 道は続いて見えるけれど
この両手は光を抱ける

昨日来てくださった 避難者は えーと七人かな?少し増えた😄
若い 郡山からの避難者の男性も 来てくださった。関西訴訟京都の原告の方。
避難者の時間が終わった後、 道端で 皆さんとお話をすることができた。私は例によって路上でお弁当を食べながら。(今度のおかずは夫が作った😅)

避難してきた方々の、 日々。
それぞれに ドラマがあり それぞれが特別。
そして、それは世の中では 決して知られていないこと。

普通の母親である私や 彼女が、避難者として、こうした、街中でマイク持つ 意味は 大きい、て信じたい。

友達の勇気を心から尊敬。
1年前群馬と神戸で メッセンジャーでつながってやり取りをしていた 時、 こんな風に一緒に 立つ日が来るなんて 夢にも思わなかった。
彼女の話は、本当に 感動ものだった。

感謝、そしてささやかな希望。
こんな夜をありがとうございました。

“2017年8月26日(土)の梅田HEP前定例街宣の報告” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です